top of page
サンプル企業F

企業名

業種:

不動産業界

従業員規模:

100人〜200人

職種:

法人営業担当

エリア:

新潟県

SALES NEXTの活用により、競合に先駆けた営業戦略を展開

interview

インタビュー

データ駆動による営業改革の必要性を実感


ー導入前に抱えていた課題を教えてください。


これまで当社は対面営業や、メール配信、電話営業などの営業手法をメインに行ってきました。しかし、これらの手法には限界が見え始めています。特にデータ分析の観点から見ると、ターゲットの精度が低い、営業の成果を正確に把握できない、といった課題が明らかになってきました。


これらの課題は営業成績に直結するため、データ駆動型の営業手法を導入し、より精度の高い営業戦略を展開することが必要だと感じていました。具体的には、データ分析に基づく高精度なアタックリストの作成、成果につながる営業メールの最適化、及び営業結果の分析とフィードバックのサイクルを早めること。これらを実現するためには、最新のテクノロジーを活用した営業支援システムの導入が不可欠であると考えており、そんな中、SALES NEXTに出会ったのです。


データベースと高度なテクノロジーにより競争優位を獲得


ー導入後の効果について教えてください。


SALES NEXTの特徴はその驚異的なデータベースと最新テクノロジーの活用です。SALES NEXTでは150万件以上のデータから、我々のターゲットに最も適した営業リストを自動で生成することができます。さらに、10,000件以上の取引実績を持つSALES NEXTのWebコンテンツ制作により、私たちの商品ページは魅力的かつ効果的なものになりました。


また、SALES NEXTの高度なデータ分析能力により、A/Bテストを用いて営業メールの効果を徹底的に検証し、改善することが可能となりました。これらの結果、私たちの営業戦略は常に最適化され、競争優位性を維持することが可能となりました。


ー導入後はスムーズに活用することが出来ましたか?


はい、以前までは導入システムを使用せず、エクセルなどで管理していたため十分に使いこなす事が出来るか不安な部分もありました。ですが、SALES NEXTは使いやすいインターフェースと強力なサポート体制を備えており、我々の営業活動を全面的にバックアップしてくれています。そのため、導入後ひと月もしないうちに社内に浸透し、営業メンバーからも好評いただいています。


素早くPDCAを回すことで、より効果的な営業活動を実践していく


ー今後の展望について教えてください。


データを用いた営業活動の改善に注力していきたいです。現在では毎月SALES NEXTの専任チームと戦略会議を行っており、前月の成果を詳しく分析し、新たな目標設定と戦略策定を行っています。今後はより高頻度でデータ分析を行い、実行と改善のサイクルを速めていきたいです。これからも、SALES NEXTの活用を通じて、より高度で効果的な営業戦略を展開し続けることで、私たちのビジネスはさらに大きく成長させていきたいです。


bottom of page